25年の歴史の中で見えて来たもの

私どものTOKYOAUCTION.COM
は宝石のリサイクルの一つの方法として発足いたしました

 宝石の世界は今、買いっぱなし、売りっぱな
しでなく宝石を循環させて行く時代を迎えました

*宝石の世界の矛盾
1.宝石店の多くは値引き販売やバーゲンを行なって来ました
2.宝石ユーザーは良い物を安く手に入れたと思い込んできまいましたしかし
3.買ったお店に「お宅で買ったのだから、引き取ってください」と、
  言いに行くと買取は出来ませんと断られる
4。そこで、当オークションが登場して、買取は出来ませんがオークションに掛けて
  処分出来る道を開きました
5.開催する私たちはオークションの落札予想値段とお買いになった値段とのあまりにも 
  大きい落差に苦しみました
結果として落札率が非常に悪いのです
  安く値打ちの有る物を買ったはずなのに。
 6、この問題は何処から生じるのか?
 7.流通経路、販売システムなど、もはや時代に合わなくなっているのです
 8.買取専門店の繁盛ぶりは、その表れです
解決への道
1.お店が仕入れを厳しくして、仕入れコストを下げる
2.同時に仕入れと売値の差、つまり、利幅を下げる利幅を下げて売らないと
  買い取る事が難しくなる
3.買取の前にリフォーム、リペアーを勧める
5.最終手段として売った品物をお客様が納得できる値段で買い取りをする
6.オークションへ出品のアドバイスや、出品を促す
 7、お買いになる方も、安いからとか、値引きしてくれたからとか買うのでなく、
   本当に好きになったから、
   感動したからと言う、熱い思いを持ってお買いになることが大切です、
   そうすれば宝石に愛着を持って使   いますし、簡単に手放したりしなくなると思います、

8、宝石の命は永遠です、ですから宝石の消費者は居ません、宝石のユーザーが居るのです
   使えないデザインは使えるデザインへ、使わない宝石は使える人に手渡す
   これが、本来の宝石の世界です、日本も、今、やっと本物の宝石の時代が来たのです。

                                               
トップページに戻る